2019年06月17日

6月11日、池袋西口「バー クオーレ」にて、気仙沼を食す会/第44回を開催しました

6月11日、池袋西口「バー クオーレ」にて、気仙沼を食す会/第44回を開催しました。

DSCN3364.jpg

東京板橋セントラルロータリークラブでは、東日本大震災以降、気仙沼の美味しいものを食べて応援することを継続しております。当日は、当クラブの会員だけでなく、他のクラブの会員も出席され、交流も行うことができました。

DSCN3353.jpg

当日のメニューは、大弘水産さんの「まかじきスモーク」のサラダ、「ほやスモーク」のオードブルなど、ひまわり食品さんの「さんまのなめろう」をチーズとアボガドで合えたもの、マルトウさんの「笹かまぼこ」、「チーズちくわ」でした。苦手な方も少なくないほやですが、ほやスモークはみなさんから美味しいと好評でした。「笹かまぼこ」、「チーズちくわ」は80歳の職人さんが手作りされています。こちらも、ぜひ購入したいと大好評でした。また、お店のマスターお手製の「もうかざめのから揚げあんかけ」も提供いただきました。みなさん、もうかざめに興味津々でした。

DSCN3356.jpg

それぞれの食材にマリアージュするように、九品仏の「旭屋酒店」さんにワインも選んでいただきました。6種類ご用意しましたので、味比べもできます。あっという間に飲み干されました。

お食事をしながら、気仙沼の現状をお伝えするとともに(内湾の区画整理や大島への架橋開通など)、ローターアクター(ロータリクラブの青年部)から、3月末に実施しました「気仙沼フィールドトリップ」の報告も行われました。東京と沖縄のローターアクターが気仙沼の現状を体感するとともに、気仙沼に移住した20-30代と交流、また、水産加工会社へヒアリングなどを行いました。ローターアクターは刺激を受けるとともに、ヒント・アイデアを得て次なる企画の策定を進めています。
posted by 東京板橋セントラルRC at 14:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

2019年6月7日、東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました/会員卓話「話し方」

2019年6月7日(金)、12:30〜、池袋西口の東武百貨店/本館14階「バンケットホール」にて、
東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました。

P6070014.JPG

今回の卓話は朝岡会員が担当されました。テーマは「話し方」です。表現・表情とともに、事前の準備が大切とのことです。22歳の時に、大手香辛料メーカーに入社されて、宣伝課に配属されました。その頃はお話しすることがたいへん苦手だったそうですが、そうも言っていられないので、スパイスの勉強を始めたそうです。そうしたら、スパイスはとても面白いことに気付きました。とても勉強をされて、その後、NHKのテレビ番組に出演することにもなりました。また、スパイスに関連すること、スパイス以外に歴史や心理学なども勉強されました。話し方には、いろいろな情報を織り込むことも大切とのことです。また、人に教えることも大切です。そのためにも、一所懸命に勉強されました。

また、青少年交換派遣予定学生の吉武さんが来会されて、スペイン語でスピーチをされました。派遣国がスペインのため、スペイン語の学習をされています。自己紹介を流暢にお話しされていたように感じました。
posted by 東京板橋セントラルRC at 16:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

2019年5月31日、東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました/「地区研修協議会報告その2」

2019年5月31日(金)、12:30〜、池袋西口の東武百貨店/本館14階「バンケットホール」にて、
東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました。

P5310004.JPG

次年度の役員より、4月23日に開催された「地区研修協議会」の報告が行われました。当日の報告者は、坂口次年度国際奉仕委員長、高田次年度青少年奉仕委員長、冨沢次年度ロータリー財団委員長、茂木次年度社会奉仕委員長・クラブ研修リーダーでした。坂口次年度国際奉仕委員長からは「次年度の国際大会はホノルル、次々年度は台北にて開催となること」、「他クラブにおける台湾の姉妹・友好クラブとの交流について」、高田次年度青少年奉仕委員長からは「青少年交換プログラムの現状」、「先日、愛国学園インターアクトクラブに招かれて卓話を行ったこと」、冨沢次年度ロータリー財団委員長からは「ロータリー財団の地区補助金の意義」、茂木次年度社会奉仕委員長・クラブ研修リーダーからは「新本ガバナーエレクトが「奉仕の実践」を掲げており、地区としても社会奉仕に力を入れること」、「地区委員が所属クラブに設置されている社会福祉協議会を訪問して、地域ニーズの把握を行うこと」、「社会奉仕によりロータリアンとなったことの実感を得るとともに、クラブの活性化(退会防止と会員増強)につなげること」、「会員増強の候補者を獲得するため経営者交流セミナーの第3回を開催すること」、また、「2019年規定審議会によるクラブ定款・細則への影響」などでした。

また、米山奨学生の張さんが来会されました。
posted by 東京板橋セントラルRC at 17:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

2019年5月21日、東京板橋セントラルロータリークラブと近隣クラブにて5クラブ合同例会を開催しました!/ 太下義之氏(国立美術館理事)による卓話

2019年5月21日、12:30〜、池袋西口「ホテル メトロポリタン」にて、東京板橋セントラルロータリークラブと近隣クラブにて5クラブ合同例会を開催しました!

1558420422322.jpg

5クラブ(池袋、板橋、池袋西、豊島東、当クラブ)の次年度会長・幹事からのご挨拶が行われました。会員減少と高齢化という課題が共通していました。それぞれクラブの特性を活かして、奉仕活動、卓話者、会費と例会時間など改革を進めています。

その後、太下義之氏(国立美術館理事)による「東アジア文化都市構想から東京オリンピック文化プログラムへ向けて」の卓話がありました。オリンピックと開催都市のオリジナリティによる文化プログラムの関係についてでした。
posted by 東京板橋セントラルRC at 15:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

2019年5月17日、東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました/「地区研修協議会報告その1」

2019年5月17日(金)、12:30〜、池袋西口の東武百貨店/本館14階「バンケットホール」にて、
東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました。

P5170011.JPG

次年度の役員より、4月23日に開催された「地区研修協議会」の報告が行われました。当日の報告者は、長濱次年度会長、船橋次年度幹事、福田次年度クラブ奉仕委員長代理、栖原次年度職業奉仕委員長、前田次年度米山奨学委員長でした。船橋次年度幹事から「どのように会員を増やしていくか、クラブとして考えていきたいです。具体的には、経営者交流セミナーの第3回を開催すること、また、クラブの良いところを発信していくことなどです」、福田次年度クラブ奉仕委員長代理から「クラブの特徴を活かして、強みを伸ばす必要があります」などでした。

本年度の稲川北分区ガバナー補佐が来会され、年度末のご挨拶をされました。また、米山奨学生の張さんが初来会され、ご挨拶をされました。当クラブにてカウンセラーをすることになりました。大学院で言語文化を研究されています。

青少年交換プログラムの派遣予定学生、吉武さんも来会され、プチ・スピーチをしていただきました。現在、青少年交換プログラムでピクニックづいているそうです。
posted by 東京板橋セントラルRC at 11:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

青少年交換派遣予定学生が、4月7日開催の地区青少年奉仕包括成果発表会/第7回に出席しました

東京板橋セントラルロータリークラブの青少年交換派遣予定学生、吉武さんが、4月7日開催の地区青少年奉仕包括成果発表会/第7回に出席しました

当日は122名が出席しました(ロータリアン57名、青少年62名、米山奨学生3名)。この発表会はインターアクト、ローターアクト、青少年交換など青少年奉仕部門の「クロスプロモーション」(セクター間の交流促進と共同活動のきっかけ作り)を目的として、地区内のインターアクター、ローターアクター、青少年交換プログラムの来日学生・派遣予定学生・ROTEX、RYLArianが一堂に会し、各セクターから活動の報告を行い、共有します。

報告後は、青少年奉仕部門の各セクターが混合でグループを組み、意見交換を行いました。このグループにロータリアンも加わりますがオブザーバーです。国際色豊かであるとともに、年齢の幅もあります。意見交換会のテーマは「ロータリー活動を行うことで、未来の自分へ何を届けたいか?」、「夢を語り合おう」でした。

以下のとおり、各班からの発表がありました。発表者は主にインターアクター、派遣予定学生でした。
「夢として、ホテル経営が挙がりました。人を笑顔にさせたいからです。自分が楽しいことだから夢をかなえたいと思います。楽しくないことの夢は見ません。楽しいことの夢があるから、がんばれます。インターアクト活動は楽しいことを見付けることにつながります。自分の楽しいことを見付けて、がむしゃらにがんばりたいです」

「夢として、自衛隊、看護師などが挙がりました。いずれも人を助ける仕事です。ロータリアンから、「ロータリーは人と人との関わりが多い。だからこそ、気付きがあるし、刺激がある」という言葉をいただきました。青少年交換プログラムに関われなければ、ロータリーを知ることはありませんでした。学生でありながら、大人の社会であったり、学生では経験できないことを経験できます。未来の自分のためになると実感しています。人と人の関わりを大切にして、成長していきたいです」

・・・吉武さんも同世代との意見交換を楽しみました。また、当クラブの会員2名も出席しました。
posted by 東京板橋セントラルRC at 11:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

東京板橋セントラルロータリークラブの「社会奉仕」

東京板橋セントラルロータリークラブの「社会奉仕」(地域貢献)は下記の基準をもとに行われいます。
@ 地域の課題/ニーズをとらえているか?
A 奉仕の実感「みんなのため、誰かのためになっている」を得られるか?
B クラブの活性化につながるか?

具体的には「地域の子どもへの奉仕」事業を継続しています。
以前は「区内子ども施設の白熱球から電球型蛍光灯/LEDへの取換え事業」を行っていました。2008-09年度より9年間継続して、計802個を取換えました。
2017-18年度、板橋区内にあります児童養護施設へのソーイング支援を行うこととしました。ロータリー財団の地区補助金を活用しました。
こちらは、主施設のほか、5ヵ所のグループホームに分かれています。スタッフが1台のミシンを5ヵ所のグループホームに運搬することで難渋されていました。そこで、グループホームごとにミシンを1台ずつ寄贈することとしました。運搬の手間が解消され、その分の時間を子どもたちのために使っていただきたかったからです。この事業にはミシンの贈呈だけでなく、使い方のレクチャーもプログラムに組み込まれています。業務用ミシンなどにも習熟して、退所後の自立に役立てていただくことを視野に入れています。

その後も、この児童養護施設との交流を続けています。退所後の自立も含めた支援を継続したいと考えているからです。
昨年11月、この児童養護施設主催のバザーに協力しました。会員から物品の提供をいただくとともに、会員がバザーにて購入を行いました。この収益は、子どもたちの誕生日プレゼント代になります。
また、英語や英語を使う仕事に関心のある高校生のために、英語教材を贈呈する事業を進めています。
今後も、交流を通して、ニーズの把握に努めていきます。
posted by 東京板橋セントラルRC at 10:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

2019年4月23日、国際ロータリー第2580地区研修協議会が開催されました!

2019年4月23日(火)、14:00〜、西新宿の「ハイアットリージェンシー東京」にて、国際ロータリー第2580地区研修協議会が開催されました!

P_20190423_143150.jpg

東京板橋セントラルロータリークラブは国際ロータリー第2580地区(東京北部・沖縄)に所属しています。地区研修協議会は各クラブの次年度の会長、幹事、五大奉仕、ロータリー財団、米山などの委員長が集い、次年度の方針を理解し、具体的な活動のアイデアを得ることを目的しています。

本会議では、新本ガバナーエレクトからは次のような次年度の全体的な方針について語られました。ターゲットは「奉仕の実践」です。そのために、「継続して奉仕を実行する人になる」、「ロータリークラブへ入って良かったと実感を持てるようにする」、「地域ニーズの変化に適応する」、「青少年がロータリーの魅力を感じるようにする」、「地域へ奉仕活動を発信し、ロータリーを認知してもらう。奉仕活動による地域の変化を実感してもらう」としました。

本会議の後、部門ごとに分かれて研修が行われました。
posted by 東京板橋セントラルRC at 15:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

2019年4月19日、東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました/卓話「次年度北分区ガバナー補佐あいさつ」

2019年4月19日(金)、12:30〜、池袋西口の東武百貨店/本館14階「バンケットホール」にて、
東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました。

P4190001.JPG

当会会員でもある、猪飼次年度北分区ガバナー補佐よりあいさつがありました。次年度の国際ロータリーのテーマは「ロータリーは世界をつなぐ」、ガバナーのターゲットは「奉仕と実践 平和で明るい未来」とのことです。次年度の地区運営や、北分区合同例会・IMの調整などについてのお話しもありました。また、澤部次年度北分区幹事(東京本郷ロータリークラブ)も来会され、あいさつとともに、ご趣味やお仕事についての自己紹介もありました。ロータリーの時間とお仕事のバランスの大切さに気付かれたそうです。

また、2016-2017年度の青少年交換来日学生のフレイヤさんがデンマークから来会されました。高校2年生、18歳になったそうです。数学、バイオテクノロジー、日本語を学んでいます。ずいぶん背が伸びました。ローマに寄ってから、日本に来たそうです。サン・ピエトロ大聖堂に感動して、涙が出たそうです。大きなトピックとしては、アルバイトをして、馬を購入したそうです。シャルルという白馬だそうです。夏休みに毎日乗馬しています。ちなみに、今回の宿泊は、当時ホストクラブを務められた小野会員のお宅とのことです。また、4月20日には、当時ホストクラブを務められた小野会員、猪飼会員、栖原会員のご両親との会食が行われるとのことです。
posted by 東京板橋セントラルRC at 14:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

2019年4月12日、東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました/クラブ協議会「PETS報告」

2019年4月12日(金)、12:30〜、池袋西口の東武百貨店/本館14階「バンケットホール」にて、
東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました。

P4120010.JPG

長濱次年度会長より、「PETS報告」が行われました。PETSとは次年度会長研修のことです。次年度の国際ロータリー会長のテーマは「ロータリーは世界をつなぐ」です。つながりを重視するとともに、一期一会の奉仕の実践を行うとのことです。また、次年度のガバナーは公共イメージ向上に力を入れるとのことです。

また、青少年交換派遣予定学生の吉武さんが来会され、近況を報告されました。@4月にて高校1年生になりました。A9月からの派遣はスペインのガリシア地方のロータリークラブになりました。スペイン語とポルトガル語の混ざったガリシア語を使う地域です。B4月7日、在京/地区青少年奉仕包括成果発表会に参加しました。インターアクター、ローターアクター、ROTEXと、「自分の夢」をテーマに意見交換する機会を得ました。同年代が何を考えているかを知る機会となりました。C3月下旬から8泊9日でジャパンツアーに参加しました。本年度は大分まで行きました。浜湯で海を見ながら、来日学生、派遣予定学生で語り合いました、とのことです。
posted by 東京板橋セントラルRC at 15:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする