2020年01月27日

2020年1月24日、東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました/尻流複写二さん(シリル・コピーニ:フランス人落語パフォーマー)による初笑い卓話

2020年1月24日(金)、12:30〜、池袋西口の東武百貨店/本館14階「バンケットホール」にて、
東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました。

P1240013 (2).JPG

尻流複写二さん(シリル・コピーニ:フランス人落語パフォーマー)にご来会いただき、初笑い卓話をいただきました。キスやバゲット(フランスパン)などフランス文化についてのクイズの後、落語「寿限無」でした。「寿限無」は日仏同時翻訳型でした。

また、米山奨学生の張さんも来会しました。奨学金の授与を行いました。
posted by 東京板橋セントラルRC at 16:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

2020年1月17-19日、国際ロータリー第2580地区のRYLA(ロータリー青少年指導者養成プログラム)セミナーが開催されました!

2020年1月17-19日、沖縄県金武町にある「ネイチャーみらい館」にて、国際ロータリー第2580地区のRYLA(ロータリー青少年指導者養成プログラム。2泊3日の合宿形式)セミナーが開催されました!

DSCN4581.JPG

DSCN4577.JPG

当クラブにて受講生1名のスポンサーになりましたので、見学に行ってきました。田芋畑を越えたところに、ネイチャーみらい館があります。近くの億首川にはマングローブの自生林があります。沖縄本島ではここだけとのことです。

RYLAの受講生は28名です。指導者養成のためのさまざまな講義を受け、1/19のフォーラムのお題を得て、深夜まであるいは徹夜の議論を行いました。

DSCN4582.JPG

DSCN4593.JPG

フォーラムでは3班から発表がありました。フォーラムのテーマは「サザエさんが支持される理由」です。当クラブにてスポンサーをした受講生からは、磯野家のキャラクター分析の発表が行われました。各人がキャラ立ちしています。それぞれ主人公クラスです。そこから、人間は「こうであるべし」という価値観はないという結論を導きました。いろいろな価値観を持つ人たちで共同体は構成されており、各個人のものさし(価値観)を大切にすべきということです。ほかの班からは、「共感、憧れ、共存」があるから受け容れられているとのことです。「助け合いの精神」が視聴者ニーズをとらえているとします。さらにほかの班からは、「安心、無難、憧れ」という番組の分析を行われました。そこから、セネガルからの受講生による国際比較を加えつつ、現代社会論へと流れました。現代社会は、地域コミュニティが希薄化し、個々人が没個性化しています。そうではなく、自己を確立し、行動し、相手を想うことが必要になるとしました。

フォーラムのリーダーから、講評とともにさらなる議論が行われました。「助け合いは人間以外の動物も行う。道徳・倫理よりももっと深いものではないか」や、「価値観とはなんぞや」について深堀りが行なわれました。

最後に、フォーラムリーダーから、リーダーに求められるものとして「正直、実行、先見」が挙げられました。
posted by 東京板橋セントラルRC at 17:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

2020年1月10日、東京板橋セントラルロータリークラブ新春家族会を開催しました

2020年1月10日(金)、18:00〜、池袋にあります中華料理「桂林」にて、東京板橋セントラルロータリークラブ新春家族会を開催しました。

P_20200110_184532.jpg

美味しい中華料理をいただきながら、ご家族と共に親睦を深めました。入会検討者のほか、米山奨学生の張さんにもご出席いただきました。
posted by 東京板橋セントラルRC at 11:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

明けましておめでとうございます。ロータリークラブのご紹介

明けましておめでとうございます。

さて・・・。ロータリークラブは、1905年、米国のシカゴで発足しました。弁護士を含む経営者4名が集まり、お互いの経営についての素晴らしい点、悩んでいる点などを話し合ったといいます。現在、経営者による世界的な親睦団体となっています。

東京板橋セントラルロータリークラブは、毎週1回の例会(金曜日のランチ)にて、経営者が集まり、クラブ奉仕・職業奉仕のための交流、親睦を行っています。例会は会員各人相互の人生観、職業観、倫理観にざっくばらんに触れる学びの場になっています。30代から80代までいます。

職業奉仕は、一義的には各人の職業を通して社会に貢献することですが、余力のある会員により社会奉仕、国際奉仕、青少年奉仕というカタチ(寄附やボランティアなど)になっています。その中でも、当クラブは青少年の育成に力を入れています。会員各人の人生観、職業観、倫理観を次世代につなげています。

たとえば・・・。
@ 区内の児童養護施設へのミシンの寄贈やバザーへの協力(物品寄贈)、子どもを対象とする日本語学級への書籍や自動翻訳機の寄贈などをしています。
A 高校より就業体験を受入れ。この事業は10年ほど続いています。
B 18〜30歳の青年への奉仕プログラム「ローターアクトクラブ」。ロータリークラブの青年部にあたります。彼ら彼女らの自主的な運営にて、相互の交流、親睦をはかるプログラムや職業的専門性を高めるプログラムを実施しています。また、気仙沼の復興支援プログラムも継続しています。

※ 当クラブへのお問合せは下記のアドレスまで、お気軽に。
  info@motoffice.jp
posted by 東京板橋セントラルRC at 10:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

東京板橋セントラルロータリークラブにおける本年度前半(2019年7月-12月)の社会奉仕(地域貢献事業)のご紹介

東京板橋セントラルロータリークラブにおける本年度前半(2019年7月-12月)の社会奉仕(地域貢献事業)のご紹介です。

当クラブでは、「板橋区内の子ども」への貢献を行っています。他の団体の目が届いていない、地域のニーズを掘り起こしたいと考えています。

2019年9月20日、板橋区立板橋第二中学校にて、当クラブの地域貢献事業「外国人の子どもを対象とする日本語教室への寄贈と日本文化を知っていただくプロジェクト」の寄贈式及び日本文化紹介を行いました。
http://itabashi-central.seesaa.net/article/470395319.html

2019年10月26日、いたばし総合ボランティアセンターにて、ボランティア団体「「地球の仲間」日本語教室」に対し、当クラブの地域貢献事業「外国人の子どもを対象とする日本語教室への寄贈と日本文化を知っていただくプロジェクト」の寄贈式及び日本文化紹介を行いました。
http://itabashi-central.seesaa.net/article/471166216.html

高校生の就業体験の受入れも、毎年行っています。
2019年8月1日、東京板橋セントラルロータリークラブにて、私立洗足学園高校の生徒の就業体験を受け入れました
http://itabashi-central.seesaa.net/article/468792980.html

2019年8月5日、東京板橋セントラルロータリークラブにて、都立新宿高校の生徒の就業体験を受け入れました
http://itabashi-central.seesaa.net/article/468986149.html
posted by 東京板橋セントラルRC at 14:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

板橋区内の児童養護施設のバザーに協力をさせていただきました!

東京板橋セントラルロータロークラブでは、板橋区内の児童養護施設のバザーに協力をさせていただきました。会員有志により、物品の寄贈をさせていただきました。

バザー当日の11/3、多くの方がお越しになり、大盛況だったそうです。児童と職員、ボランティアの方々にて、寄贈物品の販売を行いました。この収益金は児童のクリスマスプレゼントなどに充てるとのことです。

今後とも、当クラブとして支援を継続したいです。
posted by 東京板橋セントラルRC at 10:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

2019年12月13日、東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました/クラブ総会

2019年12月13日(金)、12:30〜、池袋西口の東武百貨店/本館14階「バンケットホール」にて、
東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました。

PC130008.JPG

今回はクラブ総会でした。指名委員会の選出に基づき、花木会員を次年度会長に正式に指名、次年度の幹事・理事・役員の人事が発表されました。また、次々年度の会長の指名を行いました。いずれも満場の賛同を得ることができました。合わせて、クラブ細則の変更承認とともに、前年度と本年度前半の収支報告も行われました。

また、ロータリー財団への寄附について、栖原会員、冨沢会員、猪飼会員へのポール・ハリス・フェローの表彰がありました。
posted by 東京板橋セントラルRC at 15:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

2019年12月6日、東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました/会員卓話「ロータリーよもやま話」

2019年12月6日(金)、12:30〜、池袋西口の東武百貨店/本館14階「バンケットホール」にて、
東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました。

PC060008.JPG

猪飼会員による卓話、「ロータリーよもやま話」でした。11月上旬に行われた台北長春ロータリークラブの訪問についてご報告がありました。DVD「ロータリーの歴史」に視聴を行いました。1905年、ロータリークラブ設立、1907年、シカゴ市内に公衆トイレ寄贈、1945年、国際連合設立の顧問を行い、1947年、ロータリー財団設立などです。ロータリー財団はポリ撲滅のためにワクチンの提供を継続しています。また、猪飼会員によるタイのロータリークラブへの寄贈についてもご報告がありました。タイの米山学友にアテンドいただいたそうです。

また、米山奨学生の張さんもご来会されました。修士論文は山を越えたそうです。
posted by 東京板橋セントラルRC at 10:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

2019年11月29日、東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました/夜間例会

2019年11月29日(金)、18:00〜、池袋西口の東武百貨店/本館14階「バンケットホール」にて、
東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました。

P_20191129_181844.jpg

夜間例会でした。親睦を深めることができました。経営者同士で、最近のビジネスのこと、世の中のこと、地域のことをざっくばらんに情報交換できました。

11月上旬に行われた、友好クラブである台北長春ロータリークラブへの訪問の際のお土産、金門高粱酒(56度)が振る舞われました。
posted by 東京板橋セントラルRC at 10:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

2019年11月15日、経営者交流セミナー第3回「経営者が知っておきたい働き方改革 〜社会保険労務士がわかりやすく解説〜」を開催しました!

2019年11月15日、池袋南口/マイスペースにて、東京板橋セントラルロータリークラブは、職業奉仕と社会奉仕の一環として経営になったばかりの人、経営の基本を学びたい人のために経営者交流セミナー第3回「経営者が知っておきたい働き方改革 〜社会保険労務士がわかりやすく解説〜」を開催しました。

P_20191115_183124.jpg

講師は当クラブの会員である、社会保険労務士の福田英治さんでした。福田さんから、板橋区とその周辺の経営者を対象として「働き方改革」についてわかりやすくご発表をいただきました。働き過ぎを防ぎながらワーク・ライフ・バランスと多様で柔軟な働き方を実現をすることを目指しています。中小企業・小規模事業者への影響が大きいです。具体的には、「月60時間を超える残業は割増賃金率を引上げ(中小企業で働く人にも適用)」、「残業時間の上限を規制(原則、月45時間・年360時間。労使合意でも年720時間以内・複数月平均80時間以内・月100時間未満)」、「1人1年当たり5日間の年次有給休暇の取得を義務付け」、「すべての人の労働時間の状況が客観的な方法その他適切な方法で把握するよう義務付け」、そして、「正社員と非正規社員の間の不合理な待遇差の禁止」などです。活発な意見交換、交流をすることができました。
posted by 東京板橋セントラルRC at 14:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする