2019年02月25日

2019年2月21日、国際ロータリー第2580地区の地区大会「本会議」が開催されました!

2019年2月21日、国際ロータリー第2580地区の地区大会「本会議」がホテルニューオータニの鶴の間にて開催されました! 

当地区(東京北部と沖縄)のロータリアン、約2000人が一堂に会しました。東京板橋セントラルロータリークラブも第2580地区の一員として出席しました。テーマは「研修と活性化」、国際ロータリー会長代理は元国際ロータリー理事、国際ロータリー第2780地区パストガバナーの松宮剛さんでした。
posted by 東京板橋セントラルRC at 14:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

【青少年奉仕】本年も、都立赤羽商業高校の就業体験(インターン)を受け入れました! 15名でした!

2019年2月6日・7日、東京板橋セントラルロータリークラブは青少年奉仕の一環として、都立赤羽商業高校の就業体験(インターン)を受け入れました! 10年以上、継続しています。本年度は、高梁特殊印刷、南蔵院の2事業所にて、高校生2年生、15名でした。

IMG_9864.JPG

高梁特殊印刷では軽作業(シールの袋詰め)の体験を行いました。経営者からレクチャーを受けました。

IMG_9904.JPG

南蔵院では、礼儀作法、茶道、座禅などを行いました。また、ご住職からの講話もありました。

それぞれ真剣にお仕事に向き合いました。青少年奉仕とは「次の世代と会って、お話しして、アドバイス」することです!

なお、都立赤羽商業高校は2021年3月に廃校となるため、都立赤羽商業高校からの就業体験の受入れはこれが最後になります。残念です。
posted by 東京板橋セントラルRC at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

2019年2月8日、東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました/松宮剛元RI理事による「ロータリーと職業奉仕」

2019年2月8日(金)、12:30〜、池袋西口の東武百貨店/本館14階「バンケットホール」にて、
東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました。

P2080008.JPG

松宮剛元RI理事(2012-2014年)、本年度第2580地区RI会長代理が来会され、「ロータリーと職業奉仕」をテーマに卓話をいただきました(RIとは国際ロータリーの略です)。RIの創始者である、ポール・ハリスの故事からお話しが始まりました。「平凡なる非凡人」、「人に知られぬ者の如くなれども人に知られ」と評されています。ついで、創立当初のロータリーについてでした。「親睦と相互扶助」、「同業の人がいないほうがお話ししやすい」、「話し合う場所の共有」というコンセプトでした。110年ほど前のシカゴにて、地方出身で仕事のない経営者に喜ばれ、飛躍的な会員増加につながりました。その後、ロータリーは、シカゴ以外の地域への拡大と相互扶助以外の地域貢献を取り入れることで、「騒擾」の時代を迎えます。今までで十分という会員が増えたからです。現在、規程などでは、会員利益優先からの転換が行われています。しかし、実際上、相互扶助はロータリアンのマインドに残っています。この点、「騒擾」の結論は出ていないといえます。シカゴ大の調査研究からは、「偽善的・不誠実」と批判もありました。ではどうするかについてです。ロータリアンの人生哲学として、利己と利他の調和をはかる必要があります。職業奉仕とは奉仕と利益を調和する努力のことです。具体的に言いますと、@会員相互の交流、A職業人としての進化、B他者への貢献をお薦めするところです。とのことでした。

上記の卓話のほか、小野青少年奉仕委員長より、2月6日、7日に行われた都立赤羽商業高校からの就業体験受入れについての報告がありました。本年度は、2つの事業所で受入れがありました。シール印刷会社では、3名の女子生徒が軽作業(シールの袋詰め)を行いました。寺院では、13名の生徒がお茶や作法、座禅などを行いました。それぞれ真剣にお仕事に向き合いました。

また、猪飼会員より、ポリオ撲滅の活動のためインド訪問についての報告がありました。ポリオ投与の仕方などのお話しがありました。

なお、当日は、青少年交換派遣予定学生の吉武さん、米山学友が出席してくれました。
posted by 東京板橋セントラルRC at 15:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする