2018年06月25日

2018年6月22日、東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました/本年度会長幹事最終挨拶

2018年6月22日(金)、12:30〜、池袋西口の東武百貨店/本館14階「バンケットホール」にて、
東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました。

P6220002.JPG

今回は、本年度会長幹事からの最終挨拶がありました。福田会長からは次のとおりです。会長として年度の皆勤を達成できました。クラブとしての出席率も向上しています。思い出の行事としては、親睦旅行にて気仙沼を訪問できたことです。インフラの復旧は進みましたが、産業や生活の復興はこれからという現状を会員と共有できました。また、気仙沼南ロータリークラブの方々とフランクに交流ができました。また、児童養護施設「まつば園」へミシンを寄贈するとともに、園内を見学することもできました。これは貴重な機会でした。子どもたちの真剣さに触れることできました。今後も就職までの支援を継続したいです。そして、入会候補者を見付け、アプローチするための経営者交流セミナーを開催することができました。小野会員のとてもためになる法人税の経費のお話しの後、懇親会にて楽しい時間を過ごすことができました。ここから入会につなげていきたいです。残念だったのは、会員を増やせなかったことと、炉辺会を開催できなかったことです。

栖原幹事からは次のとおりです。気仙沼に初めて訪問することができました。実際に見て、復旧・復興状況を体験することができました。課題はやはり会員減少です。対策として経営者交流セミナーを開催できました。セミナーではいろいろな方に出会うことができました。また、個人の課題として、スピーチの際の早口はなんとかしたいです。あっという間の1年でした。とても楽しかったです。

この後、坂口次年度会長から、会長、幹事へ慰労の言葉がありました。

会長、幹事ともに、ほっとされていました。自然と笑顔になってしまうのが印象的でした。
1年間、お疲れさまでした。

posted by 東京板橋セントラルRC at 11:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする