2023年01月30日

2023年1月27日、東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました/会員卓話「ロータリーの奉仕活動あれこれ 〜板橋区の子ども・若者支援、東日本大震災被災地支援など〜」

2023年1月27日、12:30〜、池袋西口の東武百貨店/本館14階「バンケットホール」にて、
東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました。

新型コロナの感染拡大対策を行い、開催しました。

P1270012.JPG

茂木会員から「ロータリーの奉仕活動あれこれ 〜板橋区の子ども・若者支援、東日本大震災被災地支援など〜」をテーマに卓話がありました。内容は下記のとおりでした。
1.ロータリー財団地区補助金事業「まなぽーと成増i-youthへのダンスマット寄贈」
2.社会奉仕のニーズ情報収集「板橋区の森」
3.社会奉仕・国際奉仕のニーズ情報収集「ウクライナ避難民」
4.東日本大震災被災地支援「気仙沼仕事創出PJ」(気仙沼の現状報告)
5.奉仕活動とは?

「当クラブでは、板橋区の子ども・若者への支援を継続しています。そのために、板橋区役所や地元のNPO法人などからニーズ把握のための情報収集を行っています。社会の動きから、今後課題となりそうなことについての想定も行っています。その根幹となるロータリーの根幹は「奉仕の理念」(他人を思いやること)です。「奉仕の理念」は地域貢献(社会奉仕)だけでなく、事業生活(職業奉仕)にも適用されています」
「社会奉仕に関する1923年の声明(1923年国際大会で採択)によると、「ロータリーにおいて社会奉仕とは、ロータリアンのすべてがその個人生活、事業生活、および社会生活に奉仕の理念を適用することを奨励、育成すること」です。また、「ロータリーは、基本的には、一つの人生哲学であり、それは利己的な欲求と義務およびこれに伴う他人のために奉仕したいという感情とのあいだに常に存在する矛盾を和らげようとするものである」としています」

また、米山奨学生が来会し、近況報告を行いました。「無事、大学院を卒業できることになりました。米山奨学金のおかげでアルバイトをしなくても良くなり、研究・論文に集中することができたおかげです」
posted by 東京板橋セントラルRC at 15:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月23日

2023年1月20日、東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました/新春夜間例会

2023年1月20日、18:00〜、池袋西口の東武百貨店/本館14階「バンケットホール」にて、
東京板橋セントラルロータリークラブ例会を開催しました。

新型コロナの感染拡大対策を行い、開催しました。

S__159170585.jpg

新春夜間例会でした。コロナ禍にて例会への出席の難しくなっている会員に久しぶりにお会いすることができました。会員のご家族も出席しました。

楽しい雰囲気の中で、お仕事のこと、ご家族のこと、ロータリーのことなどお話しをして親睦を深めました。
posted by 東京板橋セントラルRC at 11:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月16日

東京板橋セントラルロータリークラブは、タイ米山学友会、東京お茶の水RCとともに、タイ東北部にあるコーンケン県の小学校へ遊具やスポーツ用品等を寄贈しました

東京板橋セントラルロータリークラブは、タイ米山学友会、東京お茶の水RCとともに、タイ東北部にあるコーンケン県の小学校へ遊具やスポーツ用品等を寄贈しました。

ロータリー米山記念奨学会は、勉学・研究のために日本に在留している私費外国人留学生に対し、日本全国のロータリアンからの寄付金を財源に奨学金を支給し支援する、民間の奨学財団です。米山奨学生のOBOGで構成されているのが学友会です。日本と母国とのかけ橋となり、母国にて奉仕活動を行っています。

20221227タイ米山学友会.jpg

ロータリー米山記念奨学会Facebookより(20221227):
11月11〜12日、タイ米山学友会が日本の東京お茶の水RC、東京板橋セントラルRCとタッグを組み、タイ東北部にあるコーンケン県の小学校へ遊具やスポーツ用品等を寄贈しました。
同校卒業生である米山学友、アイラダー・カムピラーさん(2017-18/東京本郷RC)が事前に学校を視察したところ、「校庭の遊具が水に浸かっていたり、ブランコの鎖が切れていたり、使えないものが沢山ありました。怪我をする子もいると先生から聞きました」とのこと。
これを受け、タイ米山学友会と東京お茶の水RC、東京板橋セントラルRCが支援を決定。遊具全般の修理や、不足しているボール等の用具を寄贈することになりました。
当日は、両クラブから木宮会長(東京お茶の水RC)と猪飼氏(東京板橋セントラルRC、同地区米山奨学委員長)、また、タイ米山学友会からはアイラダーさんと、前会長のワシンさん(2011-12/東京清瀬RC)、ティーンウィットさん(2017-18/明石北RC)が駆けつけ、子どもたちと一緒に遊具のペンキを塗り直しました。
子どもたちは、生まれ変わった遊具で夢中になって遊び、感謝の踊りで喜びを伝えてくれたということです。

https://www.facebook.com/RotaryYoneyamaMemorialFoudation
posted by 東京板橋セントラルRC at 12:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする